大切な家族を守れるだけの理想の収入を得ながら大好きなヨガを楽しみながら仕事にするためには

イベントチラシを作る際に押さえておきたい3つの事

 

 

ヨガ起業!アドバイザー  松林 由紀子です。

ヨガインストラクターの働き方と言えば、自分で公民館やレンタルスペースを借りてレッスンを開催している人もいれば、スタジオさんに契約で入っているパターンも多いと思います。

どちらにしても自分でそろそろイベントを開催してみようかな。。。と考えている方には是非!この話を参考にしていただけたらと思います。

どんな人に来て欲しいか想像が出来ていますか?

まず、1つめはどんな人に来て欲しいかを決める事から始めましょう!

え??場所じゃないの?って思った方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは来て欲しい人が決まってから、場所選びで大丈夫!

来てくれるならどんな人でも嬉しいのに、人なんて限定できない!

そう思った方もいたかもしれませんが、ココがほんとにとっても大事!

なぜなら、どういう人というものが決まらないと、チラシ自体の色だって書体だって、デザインだって場所も時間もな~んにも決まらないんです。

いやいや、私がやるのだから私がやりやすい時間帯で、場所も決めますけど。。。

それも大事な事ですが、そもそもあなたが動きやい平日、午前中に時間を設定したとして、40代のママたちが振り向くような広告や告知をしたら果たして集まるんでしょうか?

もしくは、高齢の方たちにヨガを知ってほしい!とチラシを作ったのにも関わらず、チラシは「スタイリッシュでオシャレ!」「Yoga is 〇〇〇」などと英語でツラツラと説明していたら。。。

海辺でブラトップのヨガ写真載せていたら。。。

果たしてあなたの来て欲しい高齢者のハートに届くでしょうか?

だからこそまず1つ目は「誰に来て欲しいか」を決める事が重要なのです。

その理想のお客さんが喜ぶような時間帯と場所を決定する

先ほどにもお伝えしたように来て欲しい顧客の方が決まればば、見てくれそうなスタイルのチラシの色、デザインも何となく浮かでくるはず。

だったら2つめは「場所」も出来たらこだわってもよいと思います。

逆に、いつも忙しくしている仕事と家庭との両立の中で自分メンテナンスをしてもらいたい主婦層だったなら、やっぱり

  • ちょっと異空間なカフェ的な木目のレンタルスペース
  • 外イベントなら、お洒落な公園やインスタ映えするような場所
  • 子供も連れてきても大丈夫なくらいの広いスペース     などなど

場所までこだわると自然とあなたが思い浮かべたイベントが頭の中で整理出来てきたでしょう!?

何をして欲しいか明確に記載しているか?

3つめに最初に自分で作るチラシ。意外に見落としがちなのが、時間、場所、料金決まりました!で「気軽にお越しくださいね~!」なんて事したら大変です。

「へ~、おもしろそう」と折角チラシ読んでもらったら、次はどんな行動をして欲しいのかを明確に表記できてない、わかりにくいチラシが実に多いんですね。

例えば。。。カッコよくtel:(090)○○○。。。なんて書いてあるチラシは「来て欲しいの?」「よかったらどうぞ?」なの?と思わず突っ込みたくなってしまいますよね(笑)

  • こちらに電話下さい⇒
  • こちらのメールにお問合せください⇒
  • HPフォームよりお申込みください⇒

と次に行きたいなと思っている人に今すぐ「行動」を起こさせる文章を忘れずに!

最初のチラシは出来栄えだってイマイチだし、SNSでの発信は他のインストラクターの目だったり評価だったり、色々と気にしてしまうと思いますが、トライ&エラーでまずはしっかりチラシを配ったり、SNSで発信したり、色んなツールを使って広告してくださいね♪

やっぱり「やる!」と腹が座れば、おのずと行動が決まる

いかがだったでしょうか?

今日はチラシを作るうえで押さえて欲しい3つの事をお伝えしました。

勿論、これで解決!って事はなくまだまだチラシ、フライヤーを作る上では押さえておきたい事が山ほどあります。

しかし!心配しないでくださいね。

コツさえつかめば、ポイントさえ押さえれば、手書きであろうとパソコンであろうと、どちらでも効果は期待できます!

そのコツやポイントを掴んで集客をしてきたヨガスタジオの実績、実際の折込チラシなどのテンプレートも無料で差し上げます。

「お問合せに折り込チラシのテンプレート希望」と記載してくださいね。
もちろん、何かご相談があれば、そちらも記載してください♪

↓↓

今すぐ無料で手に入れる

 

 

最新情報をチェックしよう!