大切な家族を守れるだけの理想の収入を得ながら大好きなヨガを楽しみながら仕事にするためには

なぜヨガの経営では売上を意識してはいけないのか?

ヨガ起業!養成アドバイザー 松林 由紀子です

先日、ある経営セミナーに参加してきました。

色んな業種の社長様とお話出来、貴重な時間でしたが、その中でも飛び交うのが

「売上を上げる」「売上が上がった!」などという売上のワード。

売上が上がる=お金が入る=自分もハッピーいうイメージを持たれた方もいらっしゃるかもしれませんが、今日は、スタジオ経営をしたい方への「売上」についての考え方をお伝えしたいと思います。

売上を上げるために知ってほしい事

まず、今あなたがなかなか思うように売上が上がらないと悩んでいたとしたらまず、考えて欲しい大事な事があります。

私たちのビジネスにおいて利益を出す事。すなわち売上を上げる事。それは一体どういう事なんでしょうか?

ある書籍には「ビジネス」とは社会に価値を提供してることで利益になると言っています。

え!?じゃあ売上が上がってないのは私が社会に価値を提供できていないってこと!?

すごく残酷な言葉。。。

しかし、実はこの考えこそが売上をあげる前にまずあなたが考えなくてはいけないところなんです。

では、売上をあげる前にやるべきことは?

では、実際にその処方箋をお伝えしましょう。

売上があがらなくなると、色々と考えますよね!?

あれ?私の書いたチラシのキャッチ間違えたかな?

スタジオのレッスン名がわかりにくかったかな?

立地のせいかな?

こんな心配事も考えないよりは考えた方がよいですが。。。

先ほどの言葉に戻りましょう。

あなたのヨガは社会すなわち必要としているお客さんにちゃんと価値を提供できていますか??

ということに今一度還って欲しいのです。

私たちは表面的な事に目が行きがち。目の前の数字にとらわれがちです。

まずは、この「価値の提供」について考える事、売上を上げたいならまずは今の原因を探ることよりも「うまくいっていた時期」「これだったら今来てくれているお客さんの悩みを解決できるんじゃないか?」って事を考えて見られてはどうでしょうか?

売上を意識する時に必要なバランス

では、今あなたが私に今すぐ売上上げたいです!と言ってきたとしましょう。

そうすれば、私はあなたの「ヨガで起業しよう!」と思った志や想いも無視して

とにかく稼ぎなさい!と何でも売らせるし、「でも。。。」なんて言う日でもあれば、「つべこべ言わずこれとこれ今すぐやって下さい!」とえげつないくらいに色んなツールを持ってくることも出来ます。(→こんなS気だって持ち合わせていますよ)

しかし、私は知っています。

あなたが望むものは売上を上げてお金を沢山稼ぐこと以外に、自分の自己実現、ひいてはお客さんの心や身体をヨガで労わって差し上げたい!ハッピーにしてあげたい!という想いがあり起業したことを。。

だから、ただただ売上という目の前の数字ばかりに目がいくと自分が本当にやりたかった事とはかけ離れていくこともあります。

だからと言って、相手は必要としていないのに、「私が好きだから!」って相手の欲しい価値も考えずに、私の好き!だけを押し続けていてもまた売上はあがらないのです。

この2つのバランスの中であなたがどうこの今の現状と向き合い、行動していかれるか。。。私は心から応援しています。

ちなみにですが、、、私の場合「売上を上げる」ことに大成功し、ダイエット(痩身)分野で以前、ものすごく成功した時期がありました。

しかし、朝から夜までずっと電話、クレーム処理、カウンセリングという仕事で得られたお金は、ある日の朝、疲労で倒れ、休養。あっという間に消えました。

今は、売上を上げる事もですが、大好きなお客さんに囲まれ、スタッフに囲まれ仕事が出来る事、家族との大切な時間を確保しながら元気に仕事が出来るスタンスをとっています。

お金は大切ですが、あなたがあなたらしく、いいお客さんに恵まれるための秘訣は「目先の売上を意識しすぎない事」です。

いかがだったでしょうか?

もしあなたの今の悩みに少しヒントが見つかれば幸いです。

今日のブログの内容について、ご相談がある方は気軽に下記のフォームにご相談くださいね。今なら無料で以下のレポートもプレゼントさせていただいています。

ヨガの料金設定と集客に困っている方へ!
【無料レポート プレゼント】安定した収入とヨガライフを送れるための方法!

↓↓

レポートを無料で手に入れる

最新情報をチェックしよう!