大切な家族を守れるだけの理想の収入を得ながら大好きなヨガを楽しみながら仕事にするためには

戦略と戦術の違いとは!?

ヨガ起業!養成アドバイザー 松林 由紀子です。

先日の「戦略」のブログはもうご覧になっていただけたでしょうか?

ヨガで起業する際のビジネス戦略とは?

お客さんが求めているものを「ヨガ」というビジネスに落とし込んでいくためにはもう一つ、「戦略」とともにを踏まえておきたい「戦術」について今日はお話したいと思います。

そもそも「戦術」って?

先日から、この人戦ってばかりだな。。。と思っている方もいらっしゃるかも!?(笑)

だって、ヨガインストラクター同士でこんな「戦略」だの「戦術」だのって話をしたことっておそらくないですよね?

しかし、ヨガを本当に仕事としてビジネスとして捉えるのならば、今日お伝えするこの「戦術」という考えは必要不可欠です。

「戦術」とは、あなたの掲げた「戦略」において実際に現実として動かす手段の事です。

なので、集客活動に関しても「チラシを配る」「SNSに発信する」など色んな方法がありますよね!?

ノウハウやテクニックがここで活かされます。

もしかしたら、もうすでに「売り方テクニック」なども学ばれている方もここに入るかもしれません。

「戦略」と「戦術」には順番がある!?

実は、陥りやすい罠がここにあります。

私たち、最初に考えがちなのが「集客」や「どんなクラスを作るか」など。

自分のヨガで描くイメージを膨らませ、

ネットで#ヨガ #料金 #レッスン な~んてこと調べちゃいませんか??

これは、お客さんがやること。

私たちヨガで経営する人がやるべきことがここになっているから、うまくいかないのです。

もうおわかりですね!?

まず、先日もお話したようにヨガを仕事にする人がやるべきことはことは、

  • 「私がやりたい事は?」
  • どんなお客さんに?一体何屋さんでイメージしてもらうの?
  • 私のヨガはどんなお客さんの何を解決してあげられるの?
    という「戦略」を立ててからでないと「戦術」を学んでも意味がありません。

だって、ネットに載っているのはあくまでもその企業が掲げた「戦略」の上に出来た「戦術」

つまり「戦術」は目に見えても、その人が自社の理論のもと掲げた熱い「戦略」は外からは決して見えないのです。

ヨガで起業する際、あなたにやってほしい事

あなたがヨガスタジオを始めたいとしましょう。。。

まず、あなたがすることは何でしょうか?

あなたが始めようとす場所での競合が誰か、どんなお客さんがいるか探さないでしょうか?

まだそれもしっかりリサーチせずに、あなたが呼びたいお客さんも決めずに、「アシュタンガヨガ」「ハタヨガ」「リラックス系がよい?」なんて事に頭を悩ませていたら大問題!

スタジオに置く「ガネーシャ」の位置に迷っている場合じゃありません!(これ私の苦い経験(笑)

まずは、戦略の前にこのヨガで起業しようと思った目的をもう一度見つめなおし、徹底的に「戦略」を立ててください。

ちなみに、その後の「戦術」はパソコンが苦手なら手書きでもいいし、便利に安く頼めるツールも沢山あるので、「誰に何を届けるか」だけが間違わなければ多少、下手でも苦手でも後々上手くなります。

一番、痛いのはあなたの「戦略」に対し全く理にかなっていない、どこからか引っ張ってきた「戦術」で戦うことです。

是非、参考にされてみてくださいね。

ではこのへんで。。。前回のブログから読んで頂いている方には、

ヨガの料金設定と集客に困っている方へ!
【無料レポート プレゼント】安定した収入とヨガライフを送れるための方法!

のレポートを無料ダウンロードできます。参考にしていただけたら幸いです。

↓↓

レポートを無料で手に入れる

最新情報をチェックしよう!