大切な家族を守れるだけの理想の収入を得ながら大好きなヨガを楽しみながら仕事にするためには

オンラインレッスンが普及したこの時代だから・・・

私らしいワークライフバランス!凛とした女性を応援アドバイザー 松林 由紀子です。

先日の「始めてみようオンライン!その前に。。。」の記事はご覧になっていただけたでしょうか?

http://yogabiz-club.perma.jp/blog/charengeonline1

ここ何カ月でのオンライン普及率は本当に想像もつかなかったことですよね!?

みなさんの事ですから、このオンラインというものに従順に対応されていらっしゃるのではないかと思います。

今日はオンラインがこれだれどの業界にも普及したからこそあなたに考えて欲しい事があります。

自宅にいる時間が多くなると何だか自分についてのこれからの漠然とした不安なども考えてしまうとことありませんか?

今までは、毎日同じ時間に起きて、会社という行くべきところに向かって、上司、同僚、部下に会ったり、お客さんに会ったりと、まあなんだかんだ決められたルーティンの中で時間を過ごせていたわけです。

しかし、今は人に会わない、喋る機会が減る

そうなると、途端に外に向いていた意識で忘れていた自分、おざなりになっていた自分の事に少し思考が傾いたりも出来るわけですね。

あれ、私って意外に時間あったんだ!?

忙しい!忙しい!が口癖だった主婦がなんだかうずうずして、最近起業したり、副業を本気で考えだしたりしている事もここにあるのではないかなと思います。

今まで何となくレールの上を歩いていた。考える間もなく仕事が終われば、子供たちの塾の送迎、夕飯作りにと一日が終わっていたので、何となく歳をとっている事には気づいてはいたものの、「忙しさ」で自分らしさに蓋をして毎日を過ごしていた女性が、「あれ?」って気づきだしたのですね。

じゃあ、あなたは何を手に入れられたら幸せなの?

そこで、今爆発的に流行っているのがオンラインサロンです。

コミュニティこそにはあって、気軽に繋がれる

そして自分が欲しい未来を手に入れられそうなワクワクな講座が沢山ある

今でこそ、もう自分のありのままがわかった私ですが、30代くらいの子育て真っ最中の私だったら、きっとこんな不安定な時代。目に飛び込む情報すべてに魅力を感じていろんな講座を受講していたのかもしれません。

しかし、実際私がそうであったように、飛び込む情報に金額がリーゾナブル!なんか自信ない私でも参加出来そう!なんて感じで受講した講座内容はほとんど知識にはなったけれど、「本当の幸せ。本来の望む自分の姿」を手に入れる事はできなかったんですよね。

本当に必要なのはあなたのマインドセット!?

どうして、あの頃の自分は、ちょこちょこと色んな情報を集めて、知識をつけて学んでいたのか。。

真面目ですよね!?モチベーションはありますよね!?

偉いな。。。とあの頃の自分をよしよししてあげたくなります(笑)

でもね、あの頃に足りなかったのは自分で人生を切り開く覚悟が出来ず、何かを手に入れたら、おまけでそれがついてくる!いや、おまけレベルではなく、必ず○○さんのように輝く女性になれる!キラキラした職業で仕事と家庭を両立できる!って他力本願だったってこと。

必要なのは「マインドセット」

マインドセットとは

・生まれながらに持つ性格

・受けてきた教育

・経験

・先入観

・価値観・判断基準

などさまざまな要素から構成される思考様式、心理状態などを表したもの

変わりたい!と思いながらもどこかで私がほんとにできるのかしら?とかチャレンジしたい気持ちはあるけれど過去の経験から「レールからはみ出すこと」「自主性や主体性を持って動く事」をどこかで恐れてしまう

どうでしょうか?「ドキっ!」とされた方いらっしゃいませんか?

オンライン選ぶのだったら本物を!

今回、私自身もこの機会にYogaBodyという解剖学から哲学まで、3月~8月まで長丁場となる講座をオンラインとオフラインで受講しました。

これまでさまざまな分野で学びを深めてきた中で、実は「ノウハウ」ではなく「自分で考えて行動すること」「チャレンジして失敗してまたブラッシュアップしていくこと」で自分自身の本質とともに変われる自分も体感できました。

この自分自身の経験も踏まえ、このサイトでは「凛とした自信のある私」になるための情報をこれからもお届けするとともに、いわゆる「あ~勉強になった!」で終わらないマインドセットできて行動できる女性を応援できるコンテンツを配信してきけたらと思っています。

もし、ご興味がある方は、公式Line@にご登録ください。毎月の講座情報などをお送りさせていただきます。

https://lin.ee/ccwBXZK

最新情報をチェックしよう!